QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
4000年の石の命を引き出します。
又、石の文化を発信します。
浅賀石の彫刻モニュメントを作制します。

☆ブログメニュー☆



2009年06月28日

なぜ 石の彫刻講座に参加したのですか


嫁ぐ日を前に 父であるAさんは大理石で彫刻を制作しています。

マルガリータという豚を彫刻したAさん。
彫刻を始めて3年になるそうです。
作品をもって私達に見せてくれます。

どうして彫刻をやろうとしたのですか?と質問

可愛がっていた犬が亡くなってしまいました。
ある日ふと庭先の石に目が行きました。
その石が愛犬に見えてきたのです。
愛犬の供養のために
愛犬が生き返るような思いを石に彫ろうとしました。

これがAさんの動機です。
はじめは上手くいかなかった。
少し時間が経ってから浅賀を訪ねたそうです。

今 遺していきたい物を石に彫りたい



同じカテゴリー(文化活動)の記事画像
ブルガリアの考古学
ブルガリア、シリストラ市の皆さん 来館
日本の考古学徒が見た ブルガリアの大地
満開なりミツマタ
石の学校修了式
石の学校
同じカテゴリー(文化活動)の記事
 ブルガリアの考古学 (2018-04-17 11:49)
 ブルガリア、シリストラ市の皆さん 来館 (2018-04-15 11:22)
 日本の考古学徒が見た ブルガリアの大地 (2018-04-14 16:59)
 満開なりミツマタ (2018-04-02 18:24)
 石の学校修了式 (2017-08-25 12:00)
 石の学校 (2017-08-23 18:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。